軽自動車利用のあなた!いつ買い替えますか?

小回りがきいて、しかも税金がお安い家計の味方、軽自動車。車体価格はそれなりなのですが、毎年払う税金の安さは魅力的ですよね。

平成27年4月1日以降買ったら

今まで中古車を乗っていた人は今年の春の税金は自家用で7,200円。やっぱり軽自動車の税金は安い!と思いますね。

消費税が上がる前に、思い切って車を買い換えようかと思った方も大勢いるとおもいます。燃費もあがったしやっぱり新しいものは良い!と思ったら、税金が1万800円。かなりの増額じゃないですか。

新車だからと言ってなんでこんなにあがるんだと憤慨する方もいたのではないでしょうか?

お給料がそれほどあがらないのに!新車にも結構大金払ったのに、これならもう少し乗っていればよかったという人もいるでしょう。

税金がお安いのが軽自動車を選択する理由の1つだったのに、段々とその恩恵がわからなくなったりして。自動車税は毎年来るものですから、購入の際はそのタイミングを見極めなくてはいけないのかもしれませんね。

13年乗ったら

増税されるのならば、思い切って乗れるだけ乗ってしまおう!と思った人もいるかもしれません。特に毎日お仕事で使うわけでもなく、ちょっとしたお買い物に行くときのみ使用する方であればそれほど距離数も乗っていないので、自動車の痛みもたいしたことありません。

このまま乗っていれば、しばらくは軽自動車税7,200円のままと思ったあなた!そう甘くはありません。実は平成28年度から13年経過した車に関しての軽自動車税がなんと1万2,900円。

車は古くなるにつれメンテナンス料が高くなるのに、軽自動車税がこんな高額になってしまうとダブルパンチもいいとこです。

しかも、新車を買うよりも高いなんておかしいじゃないですか!それほど痛んでいない車であってもある程度年数がたったら手放せということなんでしょうか。新車に対する増税で、乗り倒そうとする国民が増えることを恐れた自動車メーカーの横槍でしょうか。

最近の若者は車をなかなか買わないと聞きます。しかし日々の生活に車が不可欠な地域の人には車にかかるもろもろの料金は悩みの種にもなっています。

消費税10%アップの延長にホッとしたのもつかの間、国は私たちが考えられないようなところから増税のきっかけを見つけ出します。

あなたのその車、買い替えるまで後何年乗るつもりですか

投稿日: