燃費を向上させるコツはどうすればいい?

車の燃費はそれぞれの車で販売時に「リッター○○キロ」とメーカー独自調べの調査数値が発表されますが、それがそのまま自家用車の燃費になる訳ではありません。

車の燃費というのは運転方法などによって数値が大きく変化してしまうからです。
それでは自家用車で出来る燃費を向上させるコツについて紹介しましょう。

アクセルを踏み込むと燃費が悪くなる!?

実はエンジンの回転数が上がれば上がるほど燃費というのは悪くなってしまいます。そのため、アクセルを踏んだり、踏まなかったりとエンジンの回転数が一定で無い時こそ、燃費効率は下がってしまうのです。

高速道路を走る時は車の燃費が向上するという話を聞いた事があるかもしれません。それはエンジンの回転数が一定で回るため、エンジンに対する負担が軽減し燃費が向上するのです。

アイドリングも積み重ねれば燃費悪化の原因!?

信号待ちや、荷物を積み込む時にアイドリングをかける場合があります。実はアイドリングは意外にもガソリンを使用してしまうのです。信号待ちの状態では仕方が無いとして、出発前にエンジンをかけて荷物を積み込んだりはガソリンの無駄使いです。

シートベルトを着けて発進直前にエンジンをかける事で毎回の積み重ねが大きな燃費の差を生み出します。

信号待ちの所でアイドリングストップしている車を時より見かける事がありますが、そのストップが危険になってしまうリスクもありますので注意が必要です。

ウインカーなどの機器がストップしてしまいますし、エンジンをかけたりかけなかったりすることはバッテリーに負担をかけたりスターターという部品寿命が短くなってしまう事もあります。

速度を出来るだけ一定に保つ事

燃費というのはエンジンの回転数が一定であればあるほど、向上します。それは一般道でも高速道路でも同じなのです。だからこそ出来るのは速度を保つ意識をする事です。

一般道の場合はスピードを出しても出さなくても大抵の場合は信号に止められます。という事はゆっくり一定に進んでも、スピードをガンガン出して信号で毎度待つのも同じという事です。

不思議と法定速度を守ると信号待ちに捕まらないという道路もあるそうです。上記の3つの項目を意識する事で燃費は格段に向上します。

中古車の買い替えで気を付けたい事とは

投稿日: